玉舐めもいいじゃない

玉舐めの歴史

玉舐めは、一体いつから存在しているのでしょうか。
古い文献や美術作品に、玉舐めと思しき記述や表現もありませんし、具体的にいつかは分かりませんが、人間の歴史と同じだけ玉舐めにも歴史があると思っています。
なぜなら、やはり玉舐めは自然にされたいと思うし、そしてしたいと思う行為だからです。精巣が性感帯の人は多いですから、柔らかい舌や唇で愛撫してほしいと思った人はいつも時代もいたと思います。
また、女性側にも、愛する男性の精巣を自らの舌や唇で愛撫したいと思ったはずです。
だから、私は玉舐めには大変な深い歴史があると考えています。

↑ PAGE TOP